歯並び問題

strong teeth

海外での歯列矯正の考え方

最近は日本でも、歯列矯正をする人が増えてきました。以前は、保険外適用ということもあってか、治療に後ろ向きの人も多く、特に健康面でマイナスが生じなければ、そのまま放置している人も多かったのです。 海外では、歯列矯正はもはや当たり前で、もし子どもの歯並びに異常があったら、矯正治療を行うのは親の義務でもあるのです。海外では肥満の人は、自己管理能力が欠如している人といったことでマイナスになりますが、それと同様の扱いをされるのです。 今後、国際社会で活躍する人材も増えてくるでしょうが、それに伴い矯正治療を行う人も増えるでしょう。

できるだけ早いうちに

歯列矯正を始めるなら、できるだけ子どものうちに始める方がよいでしょう。永久歯がはえそろう時期が最も治療を始めるのに適しているのです。 症状によっては、大人になってからでは治療できない場合があります。特に反対咬合の場合、下あごが大きく発達してしまうと、元の位置に戻すことができなくなり、外科的手術を行わなければなりません。ですから、子どものうちに治療していれば治るものが、治療が遅れたばかりに手術が必要になることも考えられるのです。 ですから、もし将来歯列矯正をしようと考えているのなら、早めに始めた方がよいのです。大人になってからでは、治療にかかる時間も費用もかかります。それを考慮した上で治療を検討してみましょう。